フレンチブルドッグにはまった親バカの独り言です。

2010/08 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2010/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7歳

9月21日、

だいごは無事に7歳を迎えることができました。

100926.jpg

去年と比べると、頬のたるみが増えてる感じ。。。


もう7歳、まだ7歳。

ヒトだと小学校入学の歳ですが、ワンコの場合はもう「シニア」世代。


今夏の猛暑のせいもあり、体力が落ちたなぁと感じもしましたが、(それは私も同じことですが・・・)
ワンコも長寿の時代になり、一桁の年齢では、まだまだ。

でも、年齢を重ねる毎にかかる病気が増えるのも事実

どんな病が襲って来ようとも動じない強い心を、
私自身が持たなきゃ!!と、思う今日この頃です。




さてさて、今年もディナーとデザートを作りましたよ(懲りずに)


今回はハンバーグ。

愛読している須崎先生の手作りごはん本を参考にして作りましたが、
レシピ通りに行かないのが常なワタクシ


何となく美味しそうにできました
100926-2.jpg


準備している時から、だいごのチェックが入ります
(21日当日は仕事のため、前日に作成)
100926-4.jpg


食べやすくほぐして、
1009236-3.jpg


ハイ、召し上がれ。
100926-5.jpg



完食





お次はケーキ。

こちらは母が買ってきてくれました。
(「7」のロウソクは私が購入。10年後にも使う予定)
100926-6.jpg


写真撮影をしているため、長~い「マテ」中。
100926-7.jpg
                                 photo by 父


美味しいね~
100926-8.jpg


1個まるまるだと食べすぎなので、半分ね。
100926-9.jpg


残り半分は次の日ね。
100926-10.jpg
「えっ!!」って驚いているようですが、おしまいです。


あ、私も作りましたよ!デザート!!


去年も作ったかぼちゃプリン。

100926-11.jpg

こちらも別の日に食べてもらいました。
3個出来上がったので、誕生日の週は毎日デザート有りの状態です。
100926-12.jpg
エアーおかわり(笑)


母からケーキだけでなく、おもちゃのプレゼントも
もう、孫みたいなものでしょうか、ぷぷ。
100926-14.jpg


円盤のおもちゃは、たぶん「取って来い」とかで遊ぶものだと思うのですが、
ガジガジだよね。
100926-15.jpg
意外と頑丈にできているため、長持ちしそうです。


クランチは、まさしくガジガジ用。
ガジガジした後、口元のにおいを嗅ぐと、マンゴの甘~い香り。
100926-16.jpg
何故、葉巻のようにくわえてるの?(笑)




私からのプレゼントは後日





やっと涼しくなったので(いきなり寒すぎますが)
いっぱい散歩して、太らないようにしましょうね~♪
お腹のたるみが気になるからね~。
↑私じゃないですよ、だいご、だいごですから。








ランキングに参加中です。
←あなたのポチッとがうれしいです。
にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ←あなたのポチッとが励みになります。
スポンサーサイト
2010夏休みの続きです。


レオが帰る前日に事故は起きました。


あんなにも仲良く遊んでいただいごとレオが喧嘩をしました


原因は・・・・・・私を含め、女子の取り合い!!と言いたいところですが、
やっぱり食べ物が原因。
100905-3.jpg


だいごは、もちろん出されたものは瞬食・完食。
きれいに残さず食べます。

でも、レオは食の細い仔。
与えられた食餌(ドッグフード)を完食しません。
(好きなトッピングは無くなってます笑)

普段と違う環境だから、というのもあるかもしれませんが、
普段も食べたり食べなかったりなのだそうです。

レオは自分のモノという認識はあるようで、
最近は他犬にご飯を奪われそうになると怒るようになった、と義姉がいってました。


以前は残してしまったレオのご飯を、だいごが盗み食いしてしまうことがありましたが、
レオは怒ることは無く、だいごも美味しい思いをしていました。



で、レオの残ってしまったご飯ですが、
後で食べるかもしれないので、いつもはだいごの手の(顔の)届かないところに置いておきます。


それは夕ご飯の時だったのですが、レオの方が先にご飯の時間で、
隔離した状態で食べていたのですが、その夜もやはり残してしまいました。


義姉が冗談のつもりで「だいご君、食べる~?」と。


“頂けるんですか~?”とばかりに義姉のもとへ行くだいご。
そしてのほほ~んと見ている飼い主(←飼い主の誤った判断その一)

それを見逃さなかったレオ。

俺様のご飯に手を出すなー!!と言ったかどうだか、
だいごに襲い掛かりました。

一応だいごも売られた喧嘩(?)は買うようで、応戦。

ただならぬ殺気に飼い主が間に入りそれぞれ捕獲。
時間にして1分も無かったと思います。ほんとに数秒の出来事。


お互い怪我は無かったように見えたのですが・・・

だいご負傷
100905.jpg

右の目じりに傷、そして口元に血が。
(後から気がついたのだが、右太ももの外側にも傷が5mm位の傷跡がありました)


目と口元を消毒し、オロナイン軟膏を少し塗っておきました。
(注:目の中にはオロナイン軟膏は塗っていません。
  本来なら医師の指示に従った方がいいので、皆様は真似をしないでください)
特に気になるような素振りもしなかったので、そのまま普段通りに過ごし、
寝ました。(←飼い主の誤った判断その二)

レオは本当に無傷。よかった~


翌朝、起きてびっくり
目やにがビッチリついていたのです。

私が寝て気がつかないうちに、引っ掻いてしまったのかもしれません


とりあえず目やにをふき取り、ひたすら消毒をしていたのですが、
ふき取ってもふき取っても目やにが出てきます。しかも色付き、臭い付き


本犬は痛がる様子も無く、目をシバシバさせることもなかったのですが、
白目のところがかなり充血してました。
100905-2.jpg


エリザベスを着用し様子を見ていましたが、(←飼い主の誤った判断その三)
翌日になっても目やにが減らない状態だったので、
電車でかかりつけの病院へ。


幸いにも眼球(角膜)には傷はありませんでした。

診断名は、外傷性結膜炎。


噛まれたことによってできた傷(それを更にひっかいたことによって
酷くなった可能性もありますが)なので、抗生剤を処方。

それと点眼薬の予定だったのですが、
いつの頃からか先端恐怖症になってしまい、
点眼薬ではだいごも私もストレスになりそうだったので、
軟膏を処方してもらいました。


そして一週間のエリザベス生活。
100905-4.jpg


やっぱり、軟膏でよかった。
まったく嫌がりもせず、塗らせてくれました


2日目くらいからエリザベス生活にも慣れ、目やにも少なくなり、
一週間後には目やにも無く、目の赤みも殆ど無くなりました。

主治医の指示のもと、念のため、もう一週間、軟膏だけ塗っていました。

怪我から二週間。すっかり良くなりました。
でも傷跡が白く残ってしまってます。
100905-6.jpg

ま、これもオトコの勲章だね。



とは言え、これは飼い主の誤った判断によって起きた事故、
そして怪我の悪化であることは否めない。

反省しきりです


今夏の教訓
「今までと同じではいけない」


暑さ対策にしろ、対ワンコにしろ、体調や性格などは日々変わっているのにね。



ということで、夏休み後半は病院と安静の日々、
のんびり~、まったり~、過ごしました。







ランキングに参加中です。
←あなたのポチッとがうれしいです。
にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ←あなたのポチッとが励みになります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。