フレンチブルドッグにはまった親バカの独り言です。

2018/03 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2018/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、米倉動物病院から減感作液が送られてきましたポスト

やはり、減感作療法の開始です。

090813.jpg


減感作とは漆職人がかぶれないように毎日少量の漆を舐めて免疫を強めている方法、とのこと。


 フ~ンjumee☆point1d


減感作療法の目的:
 アレルギー性膿皮症は免疫低下で発症するので減感作療法で免疫を強化してアレルギーを緩和し細菌感染を抑制低下させ快方に向かわせ、アレルギー反応を減弱し治癒に誘導するため。


 ナルホドネjumee☆point1e



原材料:
 電気掃除機内の塵埃


 ゲッ!!ぱんだ


作成方法:
 塵埃を薬品で抽出後、遠心分離・上清をチンダル氏法滅菌・無菌化する


 ウ~ンjumee☆whyR



投与濃度:
 希釈度は1万倍希釈濃度から開始し、1ヶ月毎に希釈度を順に濃くし免疫強化促進。


 サイシュウテキニハ、10バイノウド・・・・・・コイイナjumee☆think1

 ※アレルギーが消失・治癒の時点での濃度がその犬の減感作維持濃度となるため、実際は10倍までにはならないかもしれません。

投与方法は1日2回、1滴投与。

初め1滴投与後、反応がなければ継続投与になります。


昨日から初め、無反応だったため続けることになりました。

1年以上はかかると思いますが、完全治癒を目指して頑張ります頑張るぞ。おーっ。

090813-2.jpg








ランキングに参加中です。
←ポチッとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ←こちらもポチッとお願いします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
へ~~
いわゆる逆療法みたいなもの??

いろんな治療法があるんですね

一年は長そうだけど 気長にですよっ
今年はジメジメしてるから皮膚にはよろしくない季節だからな~~

頑張れ だいご!!
2009/08/17(月) 20:02 | URL | SATO #kRfrjMl2[ 編集]
コメントありがとうございます(*^。^*)
>SATOさんへ<
私も初めて聞いたときは「ゲンカンサ?」って感じでした。
ステロイドによる一時的な対処療法ではなく、根治に向けた治療法なので
治療期間は長くなりますが、うまくいくことを願ってます。
アレルギー検査をした時点で始めればよかったんですけどね。
どんな病気も早期発見、早期治療が大事ですね。
2009/08/23(日) 15:36 | URL | ごっちはは #e6mArcUg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gotch921.blog118.fc2.com/tb.php/94-f7435b9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。